第二新卒可の求人

放送局求人サイトTOP >> 条件別で求人を探す >> 第二新卒可の求人

第二新卒可の求人

第二新卒者の就職の市場は新卒枠と中途採用の枠で二分化しています。企業のリサーチの結果、第二新卒者の企業の評価はおおむね高評価です。第二新卒者というのは、学校を卒業後大体3年以内の者のことを指し、一度就職したがすぐに辞めてしまい転職を目指す者、就職をした経験がないフリーター、どちらも指す場合がありますが、実はこれという明確な定義はありません。

企業の6割が過去3年間に正社員を採用した場合、第二新卒者を採用対象としていました。そして、その9割ほどが第二新卒者を採用しています。就職サイトによると、2年前から第二新卒者の求人が増加してきているといわれています。最初はIT企業のソフト系でしたが、メーカーのハード系までだんだんと拡大してきたということです。第二新卒者の主な採用理由としては、社会人としてのマナーが身についているので初歩的なトレーニングもいらないし、若い層なので高い給与を支払うこともないということです。

放送業界における、第二新卒者の扱いはどのようになっているのでしょうか?実際に求人を募集しているサイトを見てみると、やはり放送業界でも第二新卒者を歓迎している求人を多く見ることができます。その職種はADや制作スタッフ、管理スタッフなどからさらにはタレントのマネージャーの仕事等幅広いです。さまざまな企業においても評価の高い第二新卒者の存在ですから、やはり放送局などでも重宝されることが多いようです。

しかし、第二新卒者の中でも、一度就職してその後に何らかの事情があって辞めてしまったという人と、とくにどこにも就職せずフリーターとして働いていた人とでもその待遇には差が出ます。さらに、就職していた場合であっても、前職ではどういった事情があって辞めたのかという理由によってもその人への見方が変わりますし、フリーターをしていた場合でも、何かしらの事情があってやむを得ず就職をしていなかったということがあればまた対応も変わってくるでしょう。

つまり、一言で第二新卒者と言ってもその扱いは人によって異なるということです。もしもフリーターとして何年か就職はしていなかった場合でも、昔から叶えたいと思っていた夢があって、そのために就職をせずに勉強に励んでいた、と言えば、意識を高く持っている人なのだと印象を持ってもらえるかもしれません。このように、アピールの仕方によっても相手に与える印象は変わりますから、第二新卒者は評価が高いから大丈夫だと高を括らないように注意しましょう。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.