英語を活かせる求人

放送局求人サイトTOP >> 条件別で求人を探す >> 英語を活かせる求人

英語を活かせる求人

海外との交流も増えた近年において、英語のスキルを活かせる求人というのは非常に多くあります。一般の企業でも海外出張をする機会はよくありますから、やはり英語の読み書き、会話ができるというのは非常にメリットも多く、選択できる求人にも幅が出てくるものです。

放送局においても英語のスキルを活かせる求人があります。たとえば、番組リサーチの仕事。これは番組リサーチャーと呼ばれていますが、主には番組を作っていく際に必要な情報を調べる仕事です。海外の番組を取り上げることも増えた昨今では、海外番組のリサーチを行うといった仕事もあります。その際には、英語が翻訳できなければ情報を収集することができませんから、英語のスキルを活かすことができます。単純に情報を集めるだけであればある程度誰でもできてしまいますが、そこに英語スキルという要素が組み合わさることによって、求められる度合いも変わってきます。

また、他に英語のスキルを活かす求人として、定番とも言える通訳の仕事もあります。ただし、通訳の仕事ができるようになるためにはかなりのスキルが必要になってきますので、ちょっと話せる程度ではもちろんなることは難しいです。タレントさんが話している言葉を聞きながらほぼ同時に通訳してそれを伝えるといった技術を持った方もいますが、それくらいのスキルを身につけられるようになるにはかなりの時間を要します。英語を聞いて理解できる、聞いた英語を日本語に訳して人に伝える、という行為は異なります。ただ単純に英語を身につけるのではなく、通訳としての経験を積まなければ難しいということです。

大手の放送局であれば、その分多くの情報を扱い、配信をしていくことになりますから、やはり英語のスキルを求める企業は多くなります。たとえば、資料を作成したり電話の対応をしたりといった一般的には雑務のような仕事であっても、英語で作成しなければならない、あるいは英語で書かれたものを翻訳して日本語に起こさなければならない機会は多くあります。ニュースの原稿の原稿を作成する際なども同じです。とくに電話は話せる人がいなければどうすることもできませんから、やはり大手の放送局であれば何人かは英語を話せる人が必要になってきます。

このように、放送局においても英語のスキルを活かせる場というのは数多くあります。あまり関係ないかもしれないと思っている場所に配属されそうな場合にも、英語ができるということはアピールしておいて損はないでしょう。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.