外資系企業の求人

放送局求人サイトTOP >> 条件別で求人を探す >> 外資系企業の求人

外資系企業の求人

放送局の中にも外資系の企業があります。いわゆるクリエイティブ職から営業担当、業務担当者まで業種も様々です。外資系企業として働く場合、まずはどのような能力が求められるか考えてみましょう。

外資系放送局で求められる能力として業務遂行能力が挙げられます。結局、1人のビジネスマンとして、放送局で求められる仕事ができなければ働くことができません。番組制作のディレクションやプロデュース、取材スキル、動画制作スキルといった能力が求められます。外資系という特性から、残業を美徳としておらず、スピーディな仕事を心がける人材も好まれる傾向があるでしょう。

外資系放送局ではビジネス英語レベルの英会話スキルが求められます。TOEIC基準で言えば700点以上のスコアを獲得していることが条件でしょう。特に外資系企業では800点以上という所も多く、専門的な会話を求められることもあります。放送局という業種から、海外へ取材を行ったりレポートを目に通したりする機会が多くなります。現地の人とコミュニケーションを取る為に語学力は欠かせません。社内のスタッフとコミュニケーションを取る時にも会話スキルが求められる機会は多いです。ただし、ビジネスマンとしての基礎能力が高ければ、語学力が多少低くてもカバーできるケースもあるようです。邦人を相手にビジネスを行う機会も少なくないからです。

外資系放送局には日本国内ではまだまだ若い企業が多く、成長段階に居ることは間違いありません。外資系放送局で求められる能力の1つに、日本のテレビ業界や広告業界全般のノウハウを熟知していることが挙げられます。求人案件の中には年齢制限の中でも上限が高い傾向にあり、むしろ、若い世代のテレビマンよりも中高年の人材が求められています。というのも、エグゼクティブとしてのスキルを求めている企業が多く、リーダーシップを発揮し、戦略的思考で物事に取り組めて、なおかつ、日本の風習に合わせた能力の高いビジネスマンを欲していることは言うまでもありません。

転職活動を行う時、外資系放送局求人は人気が高く、なかなか市場に出ることはありません。求められるスキルが高い代わりに、やりがいや年収、休日条件が良好だからです。人材を募集している時、多くは非公開求人として転職サイトの登録者向けに公開されてしまいます。非公開であったとしても応募者が殺到するような案件ですから、放送局向けのサイトに登録しチャンスをうかがっておくと良いでしょう。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.