異業種からの転職

放送局求人サイトTOP >> 条件別で求人を探す >> 異業種からの転職

異業種からの転職

異業種からの転職を考えると、やはり早いうちに転職を考えなければ、難しい面があります。というのも、企業が欲しがる人材としては25歳から33歳ぐらいに集中するのですが、その理由は「新卒者のような初めての人だと教育に時間がかかりますが、その時間もいらず、でも、まだ固まっていないので企業の色に染まりやすい」ということだからです。

アピールでのポイントはビジネスマナーや営業力は即戦力になること、日々新しい知識を吸収したいと低姿勢で頑張りを見せなければなりません。積極的に行かなければなりませんが、だからといって、これまでの収入よりもっともっとと欲張ることのないようにしてください。実力主義の業界などではある程度のキャリアを積んで、それから実績を見せないと判断ができないからです。年収だけを考えているようであれば、異業種への転職はあきらめた方がいいのかもしれません。

どの場合にも言えることですが、なぜ今までの仕事やキャリアを蹴って、異業種へ参入したいのかということを根拠を持って転職しないと、自分自身がのちのち飽きてしまって結局続かないことになり、また転職を繰り返すことになるからです。

異業種の転職であれ、多くの企業は人材としてコミュニケーション能力の高い人をほしがります。事務系の職種であっても同じです。

この能力は採用後に伸びる要素は低いので、採用時にその能力が高いと見たら、同じスキルがある人が2人いたとしても、コミュニケーション能力の高い方を採用するということになります。また、人間性についてもそうです。性格や物事に対する考え方などが過度に欠落していたのでは採用後のデメリットが大きいので、会社内で揉め事を起こしたり、社外でも取引先ともめたりということになれば企業にとってはいらない人材の可能性が大です。採用する場合は、どういう人間かということも見られ、会社にマイナスを与えない人間かプラスになる人間かということも総合的に見て判断されるのです。

異業種から放送局への転職を考えた場合なのですが、民放やNHKは基本的に新卒者を取る採用方針なので、転職するとすれば、BS、CS局が経験者主体の採用なのでそちらの方で考えることができます。放送業界の転職は、広告やマスコミ業界からの転職が結構多いです。民放もたまに中途採用で採る場合もありますが、年収が平均1,000万円を超えるので、その年収に値する人を1人か2人採るぐらいなので転職としては狭き門なのです。異業種から転職できる可能性があるのはやはりBS、CSの営業が最も多いです。転職するのは放送局はかなり厳しいということです。

異業種転職のメリットは、マンネリ化した仕事のスタイルを新規に一掃して始めるチャンスになり、新しい経験をして新しいスキルを身につけ、資格も取得できるし、キャリアの幅が広がります。この仕事は一生の仕事にしたいという意気込みで、異業種への転職をすれば、新しい道が開けるかもしれません。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.