放送業界に求められる人材は?

放送局求人サイトTOP >> よくある質問・基礎知識 >> 放送業界に求められる人材は?

放送業界に求められる人材は?

テレビ業界が求める人材は、やはり第1番はテレビが好きな人が大前提に置かれています。面接に来ても「あまりテレビを見ないです」と言われると、テレビが大好きで番組を作りたいという夢や希望がないと割に合わないばかりで、辛く苦しいことも多いので乗り越えられないでしょう。いろいろなドラマや番組を見て、それで、私はこういうものが作りたいという欲が出てくるので、ただ入りたいでは説得力もなにもないのです。

面接でもどこか大手の会社に就職したいという人とテレビ番組を作りたいという人で分かれているのです。特に、テレビ局ならテレビ番組を作る部署ばかりでなく、ほかの部署もあるので働けますが、制作会社だと作ることが前提の会社なので、テレビをあまり観ない人、ただ就職したい人は困るのです。

欲しい人材は、やはり「この人と仕事をしたい」と思わせるのが大事な要素です。個人の能力の差はそれほどないので、学生時代からの持続力やスポーツをやっていた人はさっぱりして人あたりもよいというイメージを持っている人も多いのです。何かを成し遂げるということができていますから。ミーハーな人が番組を作る上では原動力になるということもあります。そして、テレビはやはりマスコミの中でも特に社会に影響力があるので、この仕事につく人は善人か悪人かというと、善人でなければなりません、当たり前のことですが、良い人ということです。

現場でディレクターたちが誰もいなかって、自分が撮影の是非を決めなければならないことがあったとして、そこでもその人の判断力が問われるのです。そして、この人に会いたいとか、どこどこに行きたいという思いが強くなければ、視聴者に魅力を伝えられないのです。

あるテレビ局のセクション別のトップが求める人物像に迫ってみましょう。ドラマ制作部では、明るく元気な人、よく話す人、ドラマや映画が好きな人です。団体生活で人間関係は大変なので細かいことや小さいことにくよくよしない明るさは必要です。人に話すときイメージを事細かく話さないとなかなか伝わらないのです。いろいろなドラマ、映画を観ている人はものづくりのセンスも培われていて、観てきたものが引き出しとなって制作のときに必ず役立つからです。

映画部では、チャーミングな人。それはたくさんの人をおもしろがらせて、楽しませ、働いてもらうことなので、この人について行こうと思われる人が必要です。美術制作部では、好奇心を持てることが大切なので、テレビ、映画、音楽、アニメ、イベント、本、芝居、スポーツなどなどいろんなものに興味があって、無駄だと思わないでエネルギーをかけ、感情が豊かな人を望んでいます。このように、働く部署によって、少しずつは違いますが、でも一貫して言えることは、明るく元気でいろんなことに興味があって、前向きな人ということです。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.