やっぱり激務?

放送局求人サイトTOP >> よくある質問・基礎知識 >> やっぱり激務?

やっぱり激務?

仕事の激務度ランキングなどを見ていますと、今はやりのブラック企業が浮かびますが、どうしても高収入だとそれだけ激務だから収入が高い、優良企業なのでそれだけ忙しいからだということになります。残業時間が100時間を超える企業は意外に多くあります。放送局、特にテレビ番組制作などは最もきつい仕事ということになっています。実際、休みがほとんど取れないし、夜も寝泊りという形で仕事をしている人もいます。他企業に比べて高収入で平均でも1,000万円は超えるというぐらいですが、高いのには高いなりのわけがあり、過酷な勤務実態がそこにあります。番組の制作によっては、早朝から深夜まで取材を行って、編集では泊まり込みということも多くあり、1週間は家に戻れないという部署もあります。

このように職業的にきつい仕事ですが、プライベートも削って仕事をしていれば、どうしてもバランスが取れなくなり、うつ病や心の病、ストレスで胃や腸にくるようになるので、バランスを取るように心がけるということは大事なことです。

人それぞれストレス発散はあるのでしょうが、休みの日には飲んで、歌ってなど自分にあったストレスの解消法を考えて、それで発散させることが一番です。あとあとこの激務を乗り越えて、次のステップに行ったというなら、自分の肥やしになり、「あのときは大変だったけど、でも今はこれだけのキャリアになった」ということにもなりますので、自分の自信につながるし、もし、これ以上我慢できない、精神的にも肉体的にも無理ということならば、転職するか、軽い部署に配置替えしてもらうかの選択をしてみる、というのもひとつの手です。仕事が大事、プライベートが大事と人によってさまざまだと思うので、それは人生の中間地点なので、広い視野で志を決めればいいのではないでしょうか。

自分のキャリアは自分にしか決められないし、倒れてしまっては元も子もないのですから、じっくりと考えてから結論を出して激務から離れるか、このまま突っ走るかと考えてみてはどうでしょうか。最後決めるのは自分なのですから。

激務ですかと質問しても、なかなか激務ですよと企業側では答えてはくれません。そして、仕事が辛い、きつい、忙しいということだけではなく、うつ病や精神的なものというのは、人間関係が主として多いのです。激務だから一概に病気になりそうということは言えません。それをカバーしてくれるチームワークだったり、仲間だったりがいれば、それはそれでお互いをケアして助け合い、ともに仕事をしていけば忙しさもまた楽しめるということにもなります。特に、嫌な上司に当たると、それだけでもう会社に行くのも嫌だという人もあるでしょう。こればかりは運なので、自分がどんなに頑張ってもうまくいかないことも多々あります。

なんにせよ、激務ということも人間関係ということも、すべて自分に合っているか、合っていないかということが成功の鍵なので、入ってみないとわからない部分は多々ありますが、自分の就職したい放送局は、そういうところもよく調査して選ぶこともあとあと大事になるのです。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.