放送業界の年収は?

放送局求人サイトTOP >> よくある質問・基礎知識 >> 放送業界の年収は?

放送業界の年収は?

放送業界の年収は、例えば、テレビのディレクターではキー局、地方局や番組制作会社でかなりの差があるのです。キー局の場合は、30代で年収は1,000万円ぐらいになり、40歳代のベテランのクラスになると1,500万円にもなります。しかし、地方局になると同じ年齢でも7割ぐらいになるのが普通。番組の制作会社になれば、もっと下がって年収500万円ぐらいになります。こう見ると、労働時間も長く、休みもとれないことが多いと思うと番組制作の年収はちょっと安すぎると考えられます。

テレビのディレクターになれば、とても流れが速い世界なので、おちおちとかまえてはいられません。流行にも社会の流れにも敏感で、情報網もはりめぐらしていないと企画も、番組もいいものができないのです。足の引っ張り合いの世界でもあるし、あとからあとからディレクターを目指す人がどんどん出てくるので、いい番組ができなければすぐに給与も減少してしまうこともあります。成功するためには自分の個性や特徴をうまく出して、大勢の人もまとめ、さらにすでに同じような新鮮さのない番組を作っても視聴者は離れていきますし、一番怖いのはすぐに視聴率にあらわれるので、低い視聴率だとすぐ番組も打ち切りになるので、戦々恐々です。

逆にメリットとしては、すぐに評価があらわれ、成功すれば年収も上がるという点です。実力が物を言う世界です。

プロデューサーの年収もディレクターと同じくらいで、30代で1,000万円以上、40代では年収1,500万超え、エグゼクティブ・プロデューサーになると年収2,000万円以上です。地方局では40代で1,000万円クラス。番組制作会社のプロデューサーはぐっと低く年収500万円程度なので、労働環境が厳しい割には安すぎるといった感があります。

全体的にテレビ局、キー局の平均的年収はほかの会社のサラリーマンに比べ、別ものといっても過言ではないほど給与が高いです。某キー局では平均年収1,574万円ということで、賃金水準は1,000人規模の会社としては世界一と言われています。どうしてお金が集まるかというと、宣伝効果が高いのでスポンサーから高い広告費がもらえるということがあるからです。

テレビ局の場合、サラリーベースはほかの業界と比べると少し高いという水準なのですが、現場では入社2年目で早くも年収1,000万円になったという人も珍しくないのです。それはどうしてかというとさまざまに支給される報奨金などのおかげで1,000万円を超えることが多いのです。年収の半分にもなるそうです。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.