面接対策のポイントは?

放送局求人サイトTOP >> よくある質問・基礎知識 >> 面接対策のポイントは?

面接対策のポイントは?

面接対策ポイントの一つですが、放送局の面接も他の業界も同じで、やはり身だしなみも大事だということ。第一印象の50%は外見とも言われているので、合否がこれで決まるわけではないのですが、面接官に不快感を与えてしまっては面接のときに大きなハンデを負ってしまいます。清潔感のある身だしなみが原則なので、まず、その点にも気をつけましょう。

そして、姿勢と目線。意外と気づかないうちに猫背になっていたり、足を組んでしまったりするので、この点は要注意です。椅子の背もたれにもたれかかるのも姿勢が悪くなるし、偉そうに見えます。そして、目線は話しながらときどき面接官と視線を合わせるようにしましょう。目を合わせられない人はコミュニケーション能力が低いと判定されてしまうこともあるので、精神的に落ち着かなくても目線は下に向けないように。明るく生き生きとした表情も大事で、暗い顔をしていると何か悩みがあるのか、やる気があるのかと疑われてしまいます。

話す速さと声の大きさも注意をしなければなりません。早口や小声ではマイナス評価になります。落ち着いてゆっくりとはっきりと語るようにしましょう。声も小さすぎると自信がないのかと思われがち、はきはきと元気に答えましょう。いつもより少しゆっくりめの口調で感情をこめると熱意ややる気が伝わります。

緊張がほぐれてきたころに日頃の癖が出やすいので、気をつけましょう。貧乏ゆすりや爪を噛む癖など見ていて不愉快になる癖は把握しておかないと危険です。会話中の癖もそれで、ほんとうにと何度も繰り返される言葉も気になりがち。注意してください。敬語の使い方、崩しすぎる馴れ馴れしい言葉遣いは印象が悪くなるので、ビジネスの場にふさわしい言葉で話しましょう。

携帯電話の電源も切っておきましょう。マナーモードでも音が聞こえるので会話が途切れたり、集中力が途切れるので面接官にもイメージが悪くなります。睡眠はしっかりととりましょう。目の下にクマなどはないように。注意しなければならないことは受付をしたときから面接は始まっています。待合室でも落ち着いて。見られていますし、面接官があとから受付にどんな態度だったか聞いてくることもよくある話だそうです。

遅刻は厳禁です。万が一遅れそうなときは、すぐ連絡しましょう。少しでも印象をよくするように心がけなければなりません。

それを踏まえた上で、最終面接ですが、自社にあうかどうかの価値判断を重視するので役員クラス以上の人が面接を行う場合が多いのです。会社にとって採用は非常に重要なものなので、多忙な役員クラスの人は最後の面接で見極めるということなのです。

具体的には例えば、放送局に入ってアナウンサーになりたいという人には、話す力、対話力を身につけるためには話し方教室へ行ったり、通る声を作らなければならないので、日頃から声を鍛えて、のどもですが、面接に臨みましょう。

面接の直前にはトレーニングをして、模擬面接をしてみるなども大事です。面接は緊張しますが、相手との会話を楽しめる、この気持ちが大事です。特に、アナウンサーなどは突発的なことが起こってくるので、それをカメラの前やラジオの前でどう対処できるかということも見られますので、話す、聞くの対話力と応用力、これを全面に出せるように面接に向かいましょう。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.