志望動機のポイントは?

放送局求人サイトTOP >> よくある質問・基礎知識 >> 志望動機のポイントは?

志望動機のポイントは?

志望動機のポイント、まず初級のやり方ですが、いくら長所や志望理由があっても、言葉を並べ立てるだけでは、言おうとしていることが不明確で伝わりません。どれか一つのことに重点を置いて、詳細に話した方が面接官にも伝わります。抽象的な表現をしていませんか。明朗活発や積極的にとか、協調性など抽象的な言葉だけでは説得力に欠けます。話の中に具体的な例や自分の経験談を含めて話しましょう。自分の実行力や行動力をアピールしたい場合には、大学時代や高校時代に起こった出来事を交えて実現させたというようなことをからめて話しましょう。自分のことをPRするときは体験談は不可欠です。

自分の言葉で話せますか。自分の体験談でも文章を書いて棒読みをしていては評価も魅力も半減してしまいます。多少つまっても自然な語り口調で話せば相手に伝わりますし、面接の前には自分で声を出して練習はしておいてください。とくに放送業界の中でも、とくにアナウンサーなどの場合はハキハキとした声で喋ることができかというのは非常に重要になりますから、声を出してしっかりと喋れることは当たり前にできていなければなりません。

中級編では体験談などが自己PR、志望動機の裏付けになっていますか。あまりにも中途半端な話では志望動機に結びついているのか疑いたくなるような話もあるので、行動力や実行力はその程度、意味がわからないと思われたら失敗するので、説得力のある事例やPRをきちんと考えてみてください。

上級編では自己PR、志望動機から入社後のイメージが見えてきますか。面接官は志望動機などを通して熱意や入社後の頑張り度を見ようとしています。

志望動機の流れ的にはこの形で覚えておいてください。将来の夢、放送局に入社して成し遂げたいことと、最終的にはどうなりたいか。成し遂げたいと思ったきっかけは、企業を選ぶ上での最重要点は。ほかに受けている業界は。その他の業界ではダメだと思っているのはどうして。具体的にどういう仕事が希望なのか。放送業界の中でもなぜうちの会社なのか。このような段階を考えておけば、スムーズに受け答えもできるでしょう。この流れの中に先ほどの自分の体験や行動力を示す具体例などを織り交ぜて話をするのです。

具体的に志望動機のポイント、書類審査を通過する方法ですが、まず、A社を受けることにした場合、、「A社はこういう性格の会社で、B社C社と比べるとここが違います。この違いが私がたくさんある放送局の中でA社を受けた理由です。B社C社ではなく、このA社でなければいけないのです。」といった理由を明確にすれば、ただ、やりたい仕事だった、好きな仕事だった、こういうことがしたいだけでは、他の人も同じことを書いているので、「また、同じか、仕事を甘く見ている」と思われがちになります。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.