放送業界の魅力・やりがいは?

放送局求人サイトTOP >> よくある質問・基礎知識 >> 放送業界の魅力・やりがいは?

放送業界の魅力・やりがいは?

放送業界の魅力ややりがいは、例えば、テレビプロデューサーとしての仕事では、番組制作における金銭の管理と番組の新企画などでどういう芸能人を起用して番組を作りたいと思うと自分が思う番組が作れます。

プロデューサーはモノ作りをする仕事なので、自分が思い描いたことを放送作家やディレクターなどとともに作りあげることは非常に魅力あり、やりがいのある仕事です。形になるのですから。そして、子供のころから好きだったあこがれの芸能人や文化人など、そういう人たちと一緒に仕事ができます。才能を持った人たちとともに近くにいられて、魅力を肌で感じることができ、また、そういう人たちをさらに輝かせることはとてもやりがいのある仕事です。もちろんプレッシャーも大きいでしょう。

自分がキャスティングした人たちで番組を作り上げて、表現できたときの達成感にはとても魅力があることです。テレビ番組は翌日にはすぐ視聴率が発表されるので、反響があって視聴率が高ければやりがいにつながりますが、デメリットは評価がすぐくだされて、視聴率に一喜一憂してしまうということです。ツイッターやブログなどネットでリアルタイムに視聴者の声を聞くことができるので、達成感はとても言葉にしがたいものです。どんな批判や意見も次の仕事の情熱に変え、意思を持って頑張れる仕事です。

ディレクターの魅力ややりがいはやはり番組制作はモノ作りで、前述のプロデューサー、アシスタントディレクター、放送作家、出演者、スタッフとたくさんの人がかかわって初めてできる番組なので、それらが一つのチームになって頑張った番組ができあがるというのはすばらしいものがあります。チームワークでものを作るというのはディレクターとしてやりがいがあるでしょう。

ディレクターは番組の企画の会議、ロケ、編集とすべてに携わるので、自分が作った番組がテレビで流れたらどんなにうれしいでしょう。達成感もあります。アナウンサーのやりがいは、自分の声で、テレビ、ラジオを通し情報を大勢の人に伝えられるというのは、ほかの仕事にないやりがいです。

多くの人から注目を浴び、今ではマスコミや芸能記者にも追いかけられることもあり、責任もある仕事なので大変ですが、番組をやり終わった達成感は普通の仕事以上にあるでしょう。そして、毎日変化がある仕事なので、新鮮でおもしろく、魅力があります。昨日と同じ仕事はないので、飽きることなく続けていける仕事なのです。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.