AMラジオ局で働く

放送局求人サイトTOP >> 人気の企業で働く >> AMラジオ局で働く

AMラジオ局で働く

AM放送といえば、とても受信しやすい電波であり、さまざまなところで聞くことができるものです。最近の流れとしては、縮小傾向が強くなってきてはいますが、AMラジオ局の重要性はいまだに健在であり、なくてはならないものでもあります。

災害などの時でも、テレビなどの大きな機器が必要なく、FMのように超短波でもないため、簡単な機材によって受信することが可能です。インターネットラジオや地上デジタルラジオの登場により多様化が進んでしまい、その存在意義が薄れたといわれたりもしますが、手軽さは何よりも欠かせない意味を持っており、求人などに関しても継続されたりしているのです。

AMラジオ局といえばNHKが有名です。国営放送であるNHKのラジオであり、AM・FMどちらも放送をしています。実際にラジオ局の中で、両方を扱っているところは限られています。NHKでもわかるように、ラジオ局とテレビ局が一緒になっているところもあり、求人も同時に出てくることが多くなっているのです。そのため、募集要項としても共通のものが多く、条件も共通しており、ほとんどのところで4年制大学卒業以上で26歳程度という形が、一つの基準になっているといっていいでしょう。

キー局ともいえる規模の場合、とても巨大な組織になってくるわけですが、 AMラジオ局はそういった巨大組織だけではありません。地方局も数多く存在し、募集案件もいろいろと出てきます。その中には中途採用なども多数存在します。その場合には、キー局のような狭い絞り方ではなく、もっと大きな募集であるといえます。学歴などに関しても、高校卒業で大丈夫なところもありますし、その後の社会経験を重視しているところも多くあります。単純に学歴だけでできる仕事ではないといえるため、さまざまな分野で活躍できる人が必要になるのは、テレビ放送だけではないのです。

AMラジオ局を取り巻く状況は、決していいものではありません。老舗であったTBSラジオも終了しましたし、ほかのラジオ局に関しても縮小傾向にあります。 AMステレオ放送用の機材の生産がなくなってしまい、AMラジオ局からFMに変えなければいけない場合や、せっかくステレオ放送であったのにもかかわらず、モノラルにしなければいけない九州地区の例もあります。そういった事情も考え、求人に応募するのであれば、かなり強い熱意や、キーとなれるぐらいの能力を示さなければいけません。地方局といっても同じであり、競争以上に自身の能力をどこまで高めて応募できるかという事が、とても重要な意味を持つのです。

AMラジオ局の求人をお探しなら!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.