コミュニティ放送局で働く

放送局求人サイトTOP >> 人気の企業で働く >> コミュニティ放送局で働く

コミュニティ放送局で働く

地域密着性の強いラジオ放送は、いまやコミュニティ放送局という形まで生まれてきました。放送法の改定により、住民のコミュニティとして一体性が認められる放送として成り立つようになったのです。放送はとしては、FMと同様の超短波を使って放送するのですが、もともと到達距離が短く、地域密着を重視しているのが特徴のため、一部限定地域の放送となっているのです。ですが、防災に関しての効力も認められ始めており、自治体が参入するようなことも増えてきています。

よく混同されるのですが、免許の必要もなく500m程度しか到達させられない微弱電波のミニFM局とは違い、地上機関放送局の免許が必要になってきます。全国組織として、日本コミュニティ放送協会があったりするところも、ミニFM局と大きく異なっています。その数は、全国で250を超えてきているのです。

求人を考えた場合、コミュニティ放送局の規模という事が、大変重要な意味を持ちます。地域密着性が高く、大きな規模がいらない放送局ですので、多くの人員が必要になるわけではありません。新卒で毎年募集するほどの規模があるところと、そうではないところの差が大きいのです。民間の放送事業者のほか行政が参入している場合などであれば、行政職員が行っているわけですので、一般の放送局の募集とは全く違う要件が出てきます。

規模が小さいために、本体で募集しきれないようなところは、専門の事業者から派遣されたり、業務委託を頼んだりするところもあります。テレビや大手ラジオ局と共通している部分でもありますが、コミュニティ放送局で働きたいとするのであれば、関連事業者なども視野に入れて、募集案件を探していく必要が強いのです。

こういった事情を抱える放送局ですから、募集に関する要件は学歴よりも能力重視になってきます。長期的な展望よりも、即戦力でなければいけない面が強く、将来の希望より今何ができて、どんな貢献をもたらすことができるのかが勝負になります。小さい事業であるため、やりがいという面ではキー局に負けない面があります。しかし、それだけに総合的に力を発揮することが要求され、単一に何かを目指したいというよりも、オールラウンダーを目指せるような人でなければ勤まらない仕事であるといえるのです。

放送業界の華やかさという面は、コミュニティ放送局はかけるかもしれません。華々しい未来像もないかもしれません。ですが、本来放送という言葉が持つ意味は、最も濃く受け継がれている存在です。放送の世界で生きていきたいと思うのであれば、一度見つめなおしてみることも重要になるといえるのです。

コミュニティ放送局の求人をお探しの方へ!おすすめ転職サイト

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.