NHKラジオ局で働く

放送局求人サイトTOP >> 人気の企業で働く >> NHKラジオ局で働く

NHKラジオ局で働く

ラジオといえば、日本全国で聞くことができるNHKラジオが最も有名です。災害の時などでも重要な位置を占めますし、高速道路のトンネルなどでも聞くことができるため、テレビなどよりも身近な存在になってくるのです。簡単な受信機で聞くことができるために、情報源として大事な役割を持っているのです。NHKラジオは中波である第1放送と第2放送、超短波であるFM放送になってきます。最近ではインターネットラジオとしても聴くことができるようになり、その幅はさらに広がってきているといえます。

AMである、第1と第2は総合番組編成と、教育教養の番組に分かれており、かなり明確なすみわけをしている放送です。時間情報が正確なのも特徴で、時計代わりに使っているような商店も多く存在し、地域にあった放送も織り交ぜられます。もともとターゲット層がかなり高齢だったものが、最近では若年層をターゲットにしたものも増えてきており、時代とともにその姿も少しずつではありますが変化させてきているのです。

このラジオ放送は、NHKがテレビ番組とともに制作しており、求人などに関しても統合して募集をかける仕組みになっています。唯一の国営放送であるがゆえに、スポンサーが存在しません。こうしたことからも、放送に関しても予算の考え方などが民放局とは違い、制作に関して予算制限が少ないといわれています。その代りに、中立的な立場という問題も絡んでおり、民法とは違った難しさが存在します。

募集に関しては一定時期にのみ募集されます。 4月入社という事も定められているだけではなく、職種の掛け持ちなどはできないように制限されています。そのため、ラジオを希望したいとするのであれば、ディレクター業務を目指すことになります。放送技術などもラジオにかかわってきますが、ごく少数であり兼務することがあると考えなければいけません。

掛け持ちでの応募ができないNHKではありますが、その分だけスペシャリストになれるチャンスでもあります。OJTなどの教育も進んでおり、キャリアプランの中で自己啓発のために資格を取りたいなどの希望に対しても、かなり柔軟に対応してくれるのもNHKの特徴になっているのです。

民放とは常に一線を画するNHKですが、募集人数の公表を行っているところも違いがあります。民放ではその募集数というのは、あまり明確にされていませんが、NHKであれば25年度は229人とはっきりしています。とかく競争が激しい放送業界ですから、明確な数値がわかるだけでも指針にできるという部分があるのです。

NHKラジオ局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.