NHKで働く

放送局求人サイトTOP >> 人気の企業で働く >> NHKで働く

NHKで働く

放送局の仕事といえば、かなり多岐にわたる業務があります。その中でも、NHKといえば国営放送として、多くの番組を制作放送しているわけですから、民法とはかなり違う面を持っています。

民放とは違い、世間的に強い風当たりがないという部分があり、制作や報道などに関してはとても純粋な番組を作っていくのが特徴です。民間のスポンサーが存在しないことにより、強いコスト意識が働いてこないのです。だからと言って青天井になるわけではありませんが、それだけに、番組もスポンサーに依存しない内容で作ることができるのです。これは民法ではありえないことであり、放送業界の中でも、NHKが最も特殊な形で成立しているといえるのです。

募集に関しても、民放局とは少々違います。随時募集がかかることはなく、一定時期に集中してきます。採用も原則4月としており、こういったところも崩したりはしません。他の民放のように、引き抜き合戦になることも少ないという特徴もあるのです。

そして、大きく違うのが、職種別で採用をしていくという事です。NHKの場合には、一つの職種に応募するという事を選択すると、別の職種には応募を認めません。民放では当然のようにおこることが、一切できないという事を覚悟しておかなければいけないのです。その代りに、民放のようにほかの職種に回され、仕事をしていくという事はほぼ存在しないのです。それだけに一つの分野のスペシャリストを育てていくという、純粋な発想を垣間見ることができるのです。

こういった面は、募集年齢などにも表れています。基本的に60歳の定年を超えなければ、年齢制限なしで募集に応募できますし、応募要件を満たせば再受験も可能です。国籍も日本語ができるのであれば、問われることもないのです。応募要件も、社会人として勤務経験がある方という、とてもアバウトなものになってくるのです。

一つの部門でしか応募できないという反面、職場でのOJTなどは、とても効果的に働くといえます。指導する側も専門で育ってきたわけですから、専門的な指導に終始することができます。さらに、啓発的な活動であれば、経費の助成などもしてくれるため、社会人経験があれば応募要件を満たすという事にもつながってくるのです。

NHKはかなり特殊な放送局といえます。それだけに、仕事をするという事よりも、やりがいを求めて応募していくことも可能です。広き門ではありませんが、自分自身の将来像への成長を目指していくことができる局であるといえるのです。

NHKの求人をお探しなら!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.