日本テレビで働く

放送局求人サイトTOP >> 人気の企業で働く >> 日本テレビで働く

日本テレビで働く

日テレの愛称で知られる、日本テレビ放送網は、日本初の民放放送局としてスタートしたことが知られています。NNN(Nippon News Network)とNNS(Nippon television Network System)を形成し、各地の放送局とネットワークを結ぶ、日本でも有数の放送会社になるのです。もともとはNTVや4チャンネルなどという愛称で知られていたわけですが、現在では日テレとして認知されてきているのです。

日本テレビでは、2系統に絞って採用を展開しています。一つは新卒採用です。4年制大学と大学院修士課程卒業者を対象にしています。放送総合部門、技術部門、アナウンス部門と3部門に分かれており、技術部門に限り、電気・電子・通信・情報系の基礎学力を必要としているところに注意が必要です。放送総合部門という名称は、一見するとわかりにくい部分がありますが、放送技術的な部門とアナウンス部門を除いた各事業であると解釈すると簡単です。ドラマやバラエティだけでなく、スポーツや報道、営業にコンテンツ事業と日本テレビは幅広く行っています。他にも、法務をつかさどる放送ビジネス一般などもあるのです。

社会経験がある26歳以下を対象にしたのが、U-26と呼ばれるもう一系統の求人です。学歴条件などは同じなのですが、社会経験という付加価値を求めているところに違いがあります。コンテンツ制作能力には、社会経験という事がとても強みになってきます。外側からの視点を持つことは、大変重要です。4月入社になるため、入社時に26歳以下であるという事を間違わないようにしなければいけません。募集が出る雇用形態は、総合職である放送総合部門のみになってきますが、テレビというメディアにあこがれがあるのであれば、チャレンジできるいい機会になるといえます。

待遇に関しては、新卒もU-26も同じです。給与は257,000円であり、大企業である以上、各種福利厚生制度も整っています。勤務地も日本だけではなく、世界各国に支局がある日本テレビですから、さまざまな場所が対象になってきます。ただし、これらの勤務地を自分で指定していくことはできませんので、応募する段階から、重々注意しておかなければいけません。

テレビが好きであれば、放送局の仕事はとても魅力的に映るでしょう。特に日本テレビといえば、その規模も日本で最大級の放送局です。年齢制限もあることから、いつでも応募できるチャンスがあるとは言えませんので、興味があり、応募要件に沿っているという時には、チャレンジしてみることが大切です。

日本テレビの求人をお探しなら!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.