AD

放送局求人サイトTOP >> 職種別の求人動向 >> AD(アシスタントディレクター)

AD(アシスタントディレクター)

アシスタントディレクターという仕事が放送局ではあります。いわゆる世間でいうところの「AD」です。この仕事はディレクターのアシスタントという形になりますが、実際のところは番組などの雑用全般を任されることになります。しかし現在放送局でテレビやラジオなどの番組などを作り出しているプロデューサーやディレクターは誰しもがADを経験しています。ここで番組をどのようにして作っていくのか、出演者やスタッフに対してどのように接していけばいいのかを学んでいきます。

こうして自身がプロデューサーやディレクターになった時に、番組を作り出す際に注意する点を把握することができるのです。ADの仕事は人によっては非常に過酷といいます。しかし、番組制作の基礎を作り出すには非常に重要なポジションになっているのです。

主な仕事としては番組の台本を出演者に配って行ったり、食事するための弁当の手配などを行うことになります。放送する番組によっては観客の雰囲気をよくするために放送を開始する前に場を盛り上げる事も行います。ディレクターの手足にもなります。どうしてもロケーションハンティングで撮影ができないという状況にディレクターが陥った時には、ADが代わりに担当することになります。

例えば深夜の撮影や出演者のアポ取り、移動や宿泊の手配などを行うことにもなります。プロデューサーやディレクターなど手が回らない細かい仕事をADは引き受けていかなければなりません。ADは24時間態勢で仕事をすることにもなるため、体力も精神力も必要となってくるでしょう。

放送局に入る際には基本的にまずはADから始まることになります。自分だけでなく番組を作る際には数人のADがスタッフとして働くこともありますので、需要は非常に高い職種になります。そのため、アルバイトでも募集をかけている時期はあります。それは状況によっては年がら年中求人広告を出すこともあるのです。ただ正社員として働いていきたいと考えている方もいることでしょう。ADになるには、放送局での職種に問わず一括で求人広告を出しています。この募集時期に申し込んでいき、採用試験に合格していくことで採用されることになります。

募集時期は夏場から秋にかけてが非常に多いです。一斉募集によって採用されることによってADとして働くことができます。はじめは苦しい仕事が山積みになってしまうかもしれませんが、将来大成するための第一歩として頑張っていきましょう。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.