アナウンサー

放送局求人サイトTOP >> 職種別の求人動向 >> アナウンサー

アナウンサー

放送局の仕事の中で、花型の職業というとアナウンサーです。テレビカメラの前やラジオの放送中に逐一ニュースなどを伝えていくことがメインの仕事となります。

採用される人数は一握りで、全く採用されないというケースも有ります。新卒者を中心に採用しているところが多く、NHKの場合だと4月から採用が本格的に始まります。また、民放のテレビ局では、他の技術職と一緒に採用する傾向にあります。したがって、本格的に募集をかける時期であるその年の秋以降に本格的に募集をかけています。

採用試験は放送局によって異なりますが、筆記試験や面接などをクリアすることによって、アナウンサーとして放送局として働くことができます。放送局の規模が小さいところだと、アナウンサー以外の仕事も兼務する可能性があります。

アナウンサーといっても色々な仕事があります。例えばニュースキャスターや他の芸能人などとバラエティの司会を行ったり、スポーツの実況中継なども行わないといけません。また、実際に姿を見せず番組の放送前後で流れるコマーシャルを提供するスポンサーを読み上げる仕事も担当します。よく「この番組は〜の提供でお送りしました」という言葉を耳にするかと思いますが、提供先を伝える上で非常に重要な仕事です。

アナウンサーにとって必要なスキルは発音です。わかりやすい発音でないと視聴者へニュースなどを伝えることができなくなってしまいます。また情報において常に的確な表現をしていかなければなりません。そして実際に取材に飛びまわってニュースに使う原稿の政策も行わないといけません。ジャーナリストの視点やタレントの視点も持っていなければ仕事が成立しないという事にもなります。一種のタレント性も求められるので、人気を集めることがありますが、高いスキルを要求されることが多いです。そして社員としての仕事もこなさないといけません。放送局の社員として働くため、諸経費の精算もアナウンサーにとって仕事にあります。デスクワークも少なくありません。

アナウンサーだからといって、特別採用期間を設けているというわけではありません。前述のとおり新卒者の採用となってくると、カメラマンや営業職などと一緒に採用試験を受けていくことになります。同期の社員が営業部やカメラマンということも少なくありません。

そしてアナウンサーというのは、採用枠も数人と少ないことが多いため、応募するタイミングを間違えてしまうと、アナウンサーになることができなくなるでしょう。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.