カメラマン

放送局求人サイトTOP >> 職種別の求人動向 >> カメラマン

カメラマン

番組を制作する上で、撮影をする人はどうしても必要です。そこで必要となるのがカメラマンです。放送局では映画やテレビで様々な映像を収録していかないといけません。そこでカメラマンに研修を受けさせ、視聴者に見せることができる映像を届けているのです。映画や番組そしてコマーシャルなどで、その実力を発揮することになるでしょう。

カメラマンのメインの仕事は映像を撮影したり、その内容を記録していきます。テレビや映画などの監督や演出家などがこのシーンをこうやって撮影してほしいとリクエストを出した時には、その通りに答えていきます。意向に応じた撮影を行っていくことによって、より芸術的な映像を作り出していくことができるのです。

そしてバラエティやドラマのカメラマンだけでなく、報道番組でもカメラマンは必要になります。事件や事故、災害などを各カット撮影していき記録しなければなりません。報道は特に情報の伝達を行う上で、ミスを犯すわけにいきません。特にスポーツの試合の中継では、常に状況が変化します。選手の動きも激しくなる時があります。したがってカメラマンには一流選手と同じくらいの反射神経を要求されてしまいます。そのリクエストにもしっかりと対応していかなければなりません。

映像関連の学科を大学時代に受けていたという方は、カメラマンを志すことが多いでしょう。実際に学部や学科を持つ大学や短大そして専門学校は非常に多いです。志した人は進学して卒業後、放送局や映画会社そして制作会社などに入社していくことになります。

最初は放送局でメインのカメラマンのアシスタントを担当することになります。そこで経験を積んでいき、各セクションごとのカメラを担当した後にチーフカメラマンへと昇進します。人間関係を築くことも将来役に立ちます。

カメラマンとして、放送局に入社したいとなったら求人広告を出しているものなのでしょうか。実際調べていくと、求人広告を出していることはあります。ピークとなるのは夏から秋にかけてです。その時放送局は様々な職種を一斉に採用するために募集をかけているのです。カメラマンだろうが照明だろうが、アナウンサーだろうが同じ状況そして同じ時期に採用試験を受けていくことになります。合格することができれば、晴れてカメラマンとして放送局で働くことができるでしょう。仕事をする上で社員扱いとして仕事をしていきます。経費の精算なども必要になりますので、デスクワークもあることを忘れてはいけません。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.