権利関連

放送局求人サイトTOP >> 職種別の求人動向 >> 権利関連

権利関連

企業側の権利と言うと何があるでしょう。著作権や商標や特許などの企業が作り上げたモノに対しての知的財産の権利が挙げられます。放送局の知的財産モノには、テレビ番組や映画、放送に関わる映像など放送を通じて不特定多数に提供しているデジタルデータや映像物そのものがあります。その権利を守り、違反していないかなどを確認する仕事があります。

守るというのはどういう事なのかと言うと、放送局企業は、デジタルデータや映像物などの財産モノで利益を産み出しているので、会社の財産です。この財産を第三者が使用して利益を産むことは違反ルール違反です。ですので、その違反から守るために、この財産モノは○○会社のものですと公開しておくことが権利を守るということです。

またこの事の逆で、○○会社の財産モノを真似ることは盗むということになりこれもルール違反となります。意図していなくても類似のモノになってしまったというこを避けるためにも、各企業が公開している財産モノから既に世に出回っているのかどうかも把握する必要があります。各々の企業には法務部や知的財産課を設けておりそこで対応をしています。

職務内容には、特許や商標、著作物の判断と判定があります。これは、自社の財産モノとを守るための特許を出したり、盗むことの回避のために既存の制作物がないかを調査します。そして、申請を出すには届を出すので、特許・商標登録届申請業務があり、知的財産に関する交渉業務もあります。権利については国内だけではなく国外にも通じているので海外部門が設置されている企業が増えています。グローバル化やインターネットの普及により、制作物が世界に出ていくこと機会が増え、伝達進度も速いです。特にインターネットの普及で映像が無料で公開され多様化されていますので、海外との交渉の機会も増えています。

権利関係のお仕事をするには、多くの企業で儲けている知財部に入る必要があります。新卒から入ることは難しいですが転職で就かれる人が多いです。というのも、製薬会社やIT会社の様々なジャンルの会社で知的財産物が異なり、扱いも異なります。放送局についても、申請を出すというある一定のルーチンは共通ですが扱う物は特種です。ですので、放送局内の業務を熟知してる方が好ましからです。

特に必須資格があるわけではないですが、弁理士資格もしくは同等の知識があると重宝されますし、英語の知識を持っているとなお良いです。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.