ヘアメイク

放送局求人サイトTOP >> 職種別の求人動向 >> ヘアメイク

ヘアメイク

「ヘアメイク」の仕事は、メイクアップやヘアアレンジによって、出演者の魅力を引き立てることです。

TVの場合は、ヘアメイクで出演者の印象を大きく左右する事になり、舞台や映画では作品の世界観を左右させる重要なポジションです。一人ひとりの個性や肌のコンディション、骨格や髪の癖などを把握し、メイクを作り上げていきます。美しいだけではなく作品のイメージあわせたヘアメイクをせねばならず、技術はもちろんのこと、オーダーにあわせる適応能力も必要条件です。

昔は美容師さんが兼任していましたが、現在は独立した職業となってきています。ヘアカットやカラー&パーマなどはしませんが、メイクとヘアスタイリング・アレンジに加えて洋服などのコーディネートやネイルまで任されるようなヘアメイクもいます。

「ヘアメイク」の仕事は、撮影が長時間に渡ることも多く、勤務時間が長く不規則でハードな仕事です。例えばTVの仕事を例にとった場合、事前打ち合わせから入り、放送前・放送中のメイク直し・後片付けのあと次回の打ち合わせなどがあり、外でのロケの場合などずっと同行してメイクを行います。ですが、華やかな現場に立ち会う事が多く、技術をみがけるやりがいのある仕事といえます。

「ヘアメイク」の収入は、人それぞれです。ですが、一般的にアシスタント時代は年収0〜150万といわれています。有名になればなるほど、アシスタントにつきたい人も大勢います。最初は下積みのつもりでコツコツ経験をつむことになります。また、企業に勤務するヘアメイクは年収180〜400万ほどといわれています。プロダクションに所属しているヘアメイクは年収100〜500万といわれています。

「ヘアメイク」の仕事には、メイクやヘアアレンジの技術だけでなく美容やファッションにおける知識とセンスや創造性が必要です。常に流行に敏感でいる必要があります。また、出演者や他の部門の多くのスタッフと仕事をするため、コミュニケーション能力も必要となってきます。

「ヘアメイク」を仕事にするには、美容専門学校で基礎知識と技術を学んだ後、メイクアップ関連の企業やプロダクションに就職するのが一般的なルートです。プロのヘアメイクに弟子入りするという形もあります。明確な資格などはないですが、美容師の資格をもっている人が多いようです。とフリーで活躍するヘアメイクアーティストは番組や制作会社、ブランドなどと専属契約を結んでいる場合もあります。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.