照明

放送局求人サイトTOP >> 職種別の求人動向 >> 照明

照明

放送局が制作している番組でどうしても必要なのが光です。光がないと撮影するにも暗すぎて全く対象物が映すことができず、全く番組になりません。また光のあて方一つで、ドラマなどではシチュエーションが大きく変化していきます。その番組全体の照明の状態を管理したりするのが照明スタッフの仕事となります。

照明スタッフとして働くということは、撮影時には常に機材を持っていくということになります。ドラマや映画、そしてバラエティ番組といったテレビ番組などで、照明プランはプロデューサーが決める事項の一つとなっています。照明をいかにして作成していくか、そして照明機器の操作について的確な指示をしていきますので、照明スタッフはそのとおりに動いていかないといけません。プロデューサーやディレクターにとっては、光を扱う専門家なのです。

音楽番組では更に要求されます。アーティストが楽曲を披露したり、コンサートや歌謡番組などを放送する時には照明も立派な小道具となるのです。それはコンサートなどで披露される楽曲のイメージが変わるためです。

独創的なものほど、視聴者の記憶に残るものです。華麗な照明を作り出すだけではありません。その時々の状況にあわせて照明を作り出しているのです。照明スタッフに要求されるのは、とにかく光なのです。人間の目で見る光なのですが、色合いは機材の録画と若干異なることがあります。それも把握していかないといけないため、波長の特性や光学知識を仕事をしながら学んでいきます。

照明スタッフは独立することもできます。経験を積んでいくごとにスキルアップを行うことができます。また経験年数に応じて、チーフスタッフなど責任が重くなる役割を担当することになります。人材育成なども含めて普通にこなせるようになると、独立を考えてもいいでしょう。サイドスポットの色を変えていく作業やスモークなどで照明がおかしくならないように調節する業務を担当することもあります。年数を積むごとにフロア照明などと呼び名が変わることもあります。

この照明スタッフになるには、製作会社や放送局へ就職しないといけません。放送局ではカメラマンなどと一緒に採用していることが多く、募集時期も固まっています。大々的に募集をかけているのは、夏場から秋にかけてで採用試験はその後行われることになります。アナウンサーなども同じ試験となりますので、差をあまり感じることがないでしょう。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.