放送管理

放送局求人サイトTOP >> 職種別の求人動向 >> 放送管理

放送管理

放送管理の仕事は、会社によって業務内容が違います。例えば、人に対してのマネジメント業務を行ったり、各番組における予算の計算し、それを管理するといった経理的な仕事。足りない道具を揃えるといった雑用的な仕事。番組の制作のための取材。さらには現場の方に対して指導を行うといった管理業務の仕事など。他にもまだまだありますが、放送管理ではこのように番組に関わる様々な広報業務を行っているのです。

ある放送局では、放送局の心臓部である、主調整室で番組を24時間365日管理を行います。具体的に説明をすると、機械によってほとんどが自動的に行われており、どの番組をどの時間で、どのCMをどれだけ放送するかなど、運行データとして登録されており、さまざまな機器を制御し、送出されています。それを、放送の監視、データチェック、緊急時の対応など機械のコントロールを人間が行います。よく報道フロアで緊急ニュースが流れる時に、たくさん並んだモニターを見ている方が映りますが、その様にモニターを監視し、放送されている内容が正しいものか、不適切な内容のものが放送されていないか、あるいは機械は正常に動作しているかなどといった、たくさんの項目を24時間体制で監視しています。

運行データのチェックも重要な仕事です。その日の放送される番組の予定がコンピュータにより管理されているのですが、ここのコンピュータに登録されている情報が誤っていれば、放送が正常に放映されなくなってしまうといった様々なトラブルを招くこととなります。そのようなトラブルが起こらないために、もちろん厳重にチェックが行われます。ここでチェックにチェックを重ねることにより、絶対に誤りがないように放送局内では細心の注意が配られているのです。

他にも、社会的に重大な出来事、事件や災害時に、通常の番組を休止して緊急番組を放送しますが、番組の変更にも対応します。

このように、会社によって「放送管理」の位置付けが違うので、放送方針・放送全体をマネジメントを行う業務をしたいのか、または、放送局の心臓部であるシステム系に携わりたいのか、きちんと業務内容を確認してから応募する事をおススメします。

ラジオ局や小規模のテレビ会社では、制作部門の中に組み込まれる事もあります。会社によって給料の差はありますが、初任基本月給は20万円スタートが一般的です。基本的に24時間体制なので、残業もありますがその分お給料にプラスされるようです。大学・大学院卒業を応募資格としている会社が多いです。文系か理系出身かによって採用基準が違いますので、まずは受けたい会社の応募資格を確認する事が重要です

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.