編成・制作

放送局求人サイトTOP >> 職種別の求人動向 >> 編成・制作

編成・制作

放送局のコンテンツとして様々な番組が制作されていき、一日の放送の中に乗って行く事になります。これらの番組の放送をどのように行っていくかを決める仕事が編成の仕事であり、各番組を作り出すのが制作の仕事になります。

編成側の仕事はメインとなるのが放送局が流す放送のタイムテーブルを決めていくことです。民放ではキー局といった社外折衝や局内の各セクションとの調整を行っていかなければなりません。そしてどの時間帯で今制作されている番組を放送させていくのかを判断していかなければなりません。ニュースでは緊急災害や事件が起こった時には、素早く正確な情報を視聴者へ提供できるようにスケジュールの調整を行います。またスポーツの中継が延びた時に、どのくらい放送時間をずらして行くのか、またどのように放送スケジュールを編成するのか決めていくことになります。責任は非常に重大です。決断一つでその日の視聴率が大きく変わってきてしまうのです。常に、トレンドなどの情報についてもチェックしておく必要があります。

一方で制作側の仕事は、主にテレビやラジオなどの番組を作り出す現場スタッフのようなものです。番組を作るプロフェッショナル的な役割を持っています。制作側の仕事としてはカメラマンやAD、音声や照明などがあります。他にもスポーツ番組では時間を管理するタイムキーパーや技術的な調整だったり整備を行うビデオエンジニアも制作の仕事として入ります。制作の仕事は非常に連携が必要になります。うまく連携させていくことで、視聴者が見やすいテレビ番組や楽しめるラジオ番組を作り上げていくのです。

編成や制作の仕事については、社員として作業をすることが多いです。随時で募集をかけているケースもありますが、大半はアルバイトなどで雇う形になります。これらの仕事について求人広告が出てくるのが入社する半年以上前となります。

とりわけ新卒者となってくると、学校を卒業し4月には就職をするということになりますが、動向として最も多く求人広告が出てくるのが前の年の夏や秋ごろになってきます。そこから半年ほどかけて採用試験が行われることがあります。職種ごとにピークを迎えていくというわけではなく、一斉に様々な職種を募集していきます。

気がついたら締め切りになっていたというケースも考えられます。放送局で働きたいと考えている方は、就職や転職活動を行っている間もしっかりと求人情報をチェックしていかなければなりません。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.