パーソナリティー

放送局求人サイトTOP >> 職種別の求人動向 >> パーソナリティー

パーソナリティー

放送局のくくりに中にはラジオ局も入っています。その中の仕事でパーソナリティという仕事があります。この仕事はどのようなものなのでしょうか。ラジオパーソナリティというのは、実際にラジオ番組で進行を行ったりリスナーからのはがきなどを紹介していきます。話だけで番組の司会を務めたり、進行を行っていくのです。

主にラジオパーソナリティとして活動をしているという人を見てみると、芸能プロダクションに所属していたり放送局の社員、中にはアナウンサーとして働いている人、そしてフリーランスになっている方が仕事を請け負っていることもあります。大別するとこの三種類に分けられますが、放送局の社員としてパーソナリティを務めることもあるのです。

パーソナリティの仕事の流れを見ていくことにします。仕事を請け負っている状況によってパーソナリティの仕事が大きく変わってきますが、ここでは放送局が生放送を制作している時で見ていきます。主な仕事の流れとしてまず放送される1時間から2時間ほど前にスタジオに入ることになります。控室に通されて準備を進めていくことになります。次に番組のデイレクターや放送作家と、今回の放送でどのようなことを行うのか放送内容の打ち合わせを行っていくことになります。

一連の流れがわかってきたところで、次は番組内の各コーナーのタイムテーブルを確認することになります。生放送では、時間を多く割くことができません。時間内に収まるようにしっかりと時間の確認をすることになるのです。そして、本番開始前は実際に放送するブースの中に入り調整を行います。特に念入りに調節をするのが音声です。音はラジオにとって命ですし、流れないと放送事故にもなってしまいます。そしていよいよ放送していくことになります。放送中は段取り通りこなしていくことになります。そして終了後は番組内で起きた問題などに対して反省をしたり、次回の打ち合わせを行っていくことになるのです。こうして放送局の番組が成立していくことになります。

社員としてパーソナリティになるにはどうしたらいいのでしょうか。基本的には人前に出て話をしていくことになりますので、くくりとしてはアナウンサーとほぼ同じ状態になります。パーソナリティもアナウンサーや技術職と同じ時期に採用試験を受けていくことになります。

ピークは夏から秋にかけてです。採用試験では知識も要求されてきます。コミュニケーションもしっかり取っていくことも求められるでしょう。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.