営業

放送局求人サイトTOP >> 職種別の求人動向 >> 営業

営業

一般企業と同様に、宣伝などを行っていくのが営業職です。主な仕事としては契約先と提携することで放送局の利益を増やしていくことになります。

主に民放の収入源の大半は広告収入によるものです。広告はコマーシャルとして流されていき、各企業の商品やサービスの宣伝につながっていくのです。放送局へ支払う広告料もばかになりませんので、撤退する企業も時に出てきます。その穴を補うために営業職が新しいスポンサーの獲得を行っていくのです。また既存のスポンサーへの配慮が必要になることがあります。テレビ番組が突然打ち切りなどになると、スポンサーとしてついていた企業もコマーシャルなどで宣伝することができない時があるのです。そのサポートも営業が率先して行わなければなりません。

営業は、放送局によっては常々募集をかけている放送局もあります。とりわけ小さな放送局だとスポンサーをつけていかなければなりませんので、営業職を常に雇って置かなければなりません。したがって退職などで欠員が出た時には積極的に放送局は募集をかけてくることでしょう。また、新卒者などが就職する4月を前にして前の年の秋ごろから募集をかけてくる放送局も少なくありません。

転職支援サービスなどで求人情報を掲載したり、放送局のホームページ上で募集をかけていきます。一斉に様々な職種の応募をかけていくことになりますので、カメラマンやAD、アナウンサーといった技術職と一緒の試験をうけることも少なくありません。面接なども入ってきます。それをクリアすることで晴れて放送局の社員として、営業を行うことができるのです。新卒者は秋以降が本格的な試験のシーズンとなることがあります。夏場から求人情報をマメにチェックしておきましょう。

営業の役割はコマーシャルなどで宣伝をして、番組などのスポンサーとなってくれる企業を探す仕事なので非常に根気がいります。また番組とコマーシャル枠のセールスも行いますので、常にマーケティングを行っていかなければなりません。例えば朝放送する番組だとどのような視聴者が番組を見るのか、そして宣伝効果はどれだけあるのか試算しておかなければなりません。広告代理店とのコネクションも必要になりますので、仕事の幅は非常に広い職業といえるでしょう。

放送局のスポンサーを見つけていく仕事は地味に見えるかもしれませんが、無くてはならない存在なのです。給与条件などもチェックしていき、面接などに臨んでいきましょう。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.