音響

放送局求人サイトTOP >> 職種別の求人動向 >> 音響

音響

番組を構成する要素の一つに音があります。この音もしっかりと伝わって行かないと番組として成立することができません。放送局ではこの仕事を音響スタッフが担当しています。放送中に出演者が発した言葉やBGM、雑音が入らないように対応することも担当していくことになります。番組を作り出す際に重要なスタッフの一人といえるでしょう。

音響スタッフは音のスペシャリストとして番組に参加していくことになります。実力主義の世界になりますので、技術が追いついていないとすぐに淘汰されてしまいます。主な仕事としては、アーティストのコンサートや音楽番組などにおいて、視聴者に耳障りの良い音を届けていくことを考えて音の調節を行うことがあります。あまりに音が大きくなると不快に感じることがありますし、小さすぎると全く聞こえないとクレームが上がってしまいます。

そして、番組を制作するプロデューサーからこうしてほしいと発注された音やSEなども取り込んでいかないといけません。音を調整する複雑な機械を常に操作していきながら、日夜奮闘していく仕事になっていきます。

音響スタッフといっても非常に多岐にわたります。例えば、コンサートや音楽番組などで音のバランスなどを担当していくPAミキサーだったり、番組などでCD制作を担当していくレコーディングディレクターといったものがあります。各業務ではチーフとサブスタッフという形で構成されることが多いです。チーフスタッフが音響の方向性をプロデューサーから聞いたり、自身の耳で判断していくことになります。そしてサブスタッフが音を作り出したり、調整を行っていくのです。こうして、視聴者も楽しめる音を番組の中に取り入れることができるのです。非常に役割の大きい業務となってくるでしょう。

また音量のバランスも音響スタッフの仕事になります。バランスのいい音が出ないと騒音になってしまいます。これも複数人がいれば更に難しくなりますが、音響スタッフがしっかりと管理をしていかないといけません。

この音響スタッフになる方法は、求人広告を確認して申し込んで行くことから始まります。

動向としては、スタッフを一括で募集をしている時期に求人広告をチェックすることになるでしょう。採用試験がピークを迎えるのが、秋ごろになりますのでその前である夏場から募集が始まっていると考えてください。仕事の内容によっては独立できる仕事なので、採用試験もしっかりと通過していきましょう。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.