翻訳

放送局求人サイトTOP >> 職種別の求人動向 >> 翻訳

翻訳

放送局の翻訳は媒体によって様々あります。テレビ番組や映画やビデオ関連と放送されるあらゆるものがターゲットとなります。この通り翻訳と言っても様々なジャンルがあります。

放送局によりますが、そこまで大きな会社でない場合には、会社内部で翻訳担当部署を設けるのではなく、単発でフリーランスに一時的に翻訳を依頼したり、まとまった内容であれば翻訳会社に依頼をしています。新聞も放送局の一部ですが、新聞については、新聞社が内部に編集プロダクションの翻訳チームを設けていることがあるのでその部門が担当し、雑誌などの出版社は編集部が存在するのでそこで翻訳も行うというスタンスです。

さて、翻訳というのは何をする仕事なのかというと、その名の通り一般的なものは英語から日本語に訳してメディアに載せて放送する仕事です。放送とは言えバラエティ番組やアニメなどのように日本語放送のものばかりではありません、諸外国のニュースや地域情報、コメディや映画と特に昨今のグローバル化によりバラエティ番組ですら外国の話が出てきます。そして、翻訳というと英語から日本語に訳することが多いように思われますが、そうではありません。お隣韓国や中国、アジア圏内、イスラム圏内と世界各国至る場所からの情報が我々に届きますので英語だけではなく多種多様な言語が翻訳されて、私たちに伝達されています。

翻訳のお仕事をするには、共通して、もちろん英語が必要です。しかし、机上の英語ではおそらく翻訳業務をしていく上で少し大変です。それはジャンルによって多様される単語が違うからです。英語にあって、日本語にない単語やその反対で、日本語でしか表現できない単語。後者の方が多いです。これらの単語のニュアンスを聞く側にどう伝えるのか。社会情勢や経済は割と手堅く翻訳しても伝わりますが、これが途端にバラエティやコメディになると、面白さをうまく表現しなければなりません。放送局での翻訳は、訳す技能は必要ですが、これは辞書通りに訳すのではなく、翻訳する側のセンスも問われます

また、翻訳とひとくくりにしても、様々なアプローチの方法や特性があります。まずリスニング力が必要な音声同時翻訳。ニュースやスポーツ中継などで同時通訳が入ります。これはネイティブ並みの会話力と瞬時読解力が必要でしょう。そして、吹き替え翻訳。日本語吹き替え映画がその部類です。映画のストーリーの理解も必要です。役者の声のトーンや質、使用頻度の多い単語などから推測される会話の認識が必要です。次に字幕翻訳。これも映画に多く見られますが、限られた文字数で生きたセリフを使って書く必要があります。英語ならでは、日本語ならではの独特の言い回しがあるでしょうから翻訳側の力量が必要です。それから雑誌類の翻訳。日本語でも同じことが言えますが、読みやすく正しい日本語を使った文章力が必要です。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.