映像編集・技術

放送局求人サイトTOP >> 職種別の求人動向 >> 映像編集・技術

映像編集・技術

映像編集技術者とは、撮影されたフィルムやデータを使い、脚本に合わせて編集を行う仕事です。企画制作から実際の映像撮影・画像編集や加工など、クリエイターとしての幅広い能力が必要となります。また、その映像制作がクライアントの要求を満たし、計画的に作品を進めていく為の管理能力も必要となります。日本ではカットごと撮影をすることが多く、編集時点で初めて作品の全体が見えてきます。地味な作業が多く見えますが、監督や演出家と並ぶ重要な仕事です。

編集次第で作品の良し悪しが決まるので、その分大変な仕事になります。実際は、会社での拘束時間が長い割りに、お給料は300万円以上400万円未満が多いようです。

就職先は、テレビ局や映像制作会社になります。テレビ局は大卒のみを募集していることも多いという傾向にあります。ただし、テレビ局と下請け会社では給料の額が大きく開いているというのが現状にありますから、就職を考える際にはそのことも考慮しておくと良いでしょう。映像編集の仕事は映像制作などの会社の他にCMを手掛ける広告代理店などもあります。こちらの方が、映像製作会社よりは比較的就職しやすいかとは思いますが、高月給はあまり見込めないでしょう。細かい業務内容や何に特化しているか等については会社によっても違いがありますから、自分がやりたい分野は何かを明確にし、あらかじめしっかりと業務内容を調べてから応募しましょう。

自分の考えが作品になり、クライアントに認められ、メディア流れる喜びは大きく、非常にやりがいや達成感がある仕事です。

映像編集技術は、現在ではコンピュータの映像編集ソフトを使って行うのが主流です。CGとの合成や特殊な画像処理などデジタル化による技術は進んでおり、将来的にも、新しい画像ソフトやCG技術も出てくるでしょう。

では、映像編集技術者になるには、一般的に美術大学や映像技術者養成スクール・専門学校などで、編集テクニック、撮影技術、音響や演出方法などの映像に関するさまざまな基礎知識を身につけ、日頃から感性を磨くことが大事です。CGクリエイター検定取得者であれば、その資格も就職時にアピール出来ます。映画会社や制作会社に就職して助手から始めるのが一般的ですが、テレビ局志望なら、4年制大学を出ていることが必要となる為、自分がどういう会社で働きたいかまで考え、学校を決めることが大切になります。しかし、感性と技術を充分に磨き、それをしっかりアピールでき、実績を積み重ねていけば、独立してフリーランスとして活躍する事も可能です。その時は、編集テクニックや撮影技術だけでなく、クライアントとのやり取りや、スタッフと関わることが多いので、コミュニケーション能力は必須となります。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.