ライター・記者

放送局求人サイトTOP >> 職種別の求人動向 >> ライター・記者

ライター・記者

「ライター」という仕事は、文章を書く仕事です。

自分で選んだテーマに関して、ボリュームのある作品を書き上げるの作家などと違うのは、案件ごとのテーマに合った記事を、締め切りまでに指定された文章量で書き上げるというところでしょう。依頼された内容で原稿を作成するので、ただ単に記事を書くだけではない能力も求められます。テーマに合致した資料を読み情報をまとめたり、取材・インタビューなどをして記事を作成します。経験や知識なども豊富であればあるほど、有利になるでしょう。

「ライター」の収入は、主に原稿料という形です。原稿料は、原稿をかく媒体にもよるようですが、相場として原稿一本3000〜50000円くらいになるようです。知名度や実力でも金額に差はでると思います。媒体にはTV・雑誌や新聞、書籍・広告・WEB・ゲームなど様々なものがあります。しっかり案件を発注してくれる放送局や出版社や編集プロダクションでバリバリやっている知名度の高いライターだと、年収500万〜1000万ほど稼ぐ方もいるそうです。逆にフリーライターだと、案件により波があり、たった6万しか収入のない月もあれば100万の収入がある月もあったり、不安定な面もあるようです。

「ライター」になるには、関連会社(放送局関連・出版社・編集プロダクション)に就職するのが、一番良い道だといえるでしょう。そこで、仕事などに関わりながら、ライターとして必要な文章力や仕事の進め方の知識を学び実力をつけることができます。

他業界で別の仕事からの転職という形もあります。中途採用をしている会社を諦めずに探すことでの、ライターへの転身が考えられます。常に情報収集をすることが鍵となります。また、専門学校や養成講座などで専門知識を学び、学校のコネクションで就職に結びつくと言う形もあるでしょう。そして、自称「フリーライター」を名乗り、自分を売り込むような方法もあるようです。その他、雑誌への投稿や自身のブログの充実など、窓口はあるようですが、チャンスはたくさん転がっているわけではないようです。「ライター」という職業は、一概にこうすればなれるとはいいきれないので、「どうやったらなれるのだろう」という質問もたくさん寄せられるようです。

このように「ライター」なるには、決まった方法がありません。きっかけを見つけ仕事をやりながら自分の得意分野を見つけ、人脈を広げ、仕事の幅を増やしていくといいでしょう。

現在WEBライターや在宅ライターなどが増え、仕事の原稿料がどんどん低下してきているといわれています。ですが、それはライターになるチャンスが増えていると言えるのかもしれません。

放送局の求人にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 株式会社リクルートエージェント 詳細




▲このページの上部へ


Copyright (C) 2013-2015 放送局の求人サイトランキング【人気のテレビ・ラジオ局に転職!】 All Rights Reserved.